ピックアップ 教員紹介

6月 「言葉の海を旅する」 田能村 百代 先生

―― 担当は何ですか?
 今年度から始まった教科で、総合学習コース3年生の「時事英語」を担当しています。

―― 学生時代から外国語を学び続けているとのことですが、外国語の魅力はどんなところでしょうか?
 その言語特有の「音やリズム」と、謎めいた「文字」そのものに惹かれます。そして理解する喜びがあります。言葉はその国の地理・歴史・文化が反映されるので、外国語学習を通して知識の幅が広がったり、価値観の多様さを考えたりすることにも繋がると思います。「通じる楽しさ」も大きな魅力です。

―― 生徒たちへのメッセージ
 私たちにとって外国語、たとえば英語はどれだけ必要なのでしょう。色々な意見があります。私は「その時その人が必要とする内容と量」が一つの答えだと思っています。ですから千差万別、皆それぞれ違います。言葉の海は広大で、どんな目標に向かうにしても発見は尽きません。皆さんと一緒に航海できることをうれしく思います!

>> アーカイブス