ピックアップ 教員紹介

6月 「“ほっ”とできるみんなの居場所に」 千葉 彩水 先生

―― 担当は何ですか?
 学生相談員として、今年度から秋田クラークで始まった「ほっとtime」を担当しています。悩みや困りごとはもちろん、クラーク生の皆さんといろんなお話をするのが私の役割です。

―― クラーク生とお話をしてみての感想はいかがですか。
 最初の顔合わせでは、クラーク生のことを早く知って仲良くなりたいと思ったので、みんなの好きなことや趣味などを聞きました。それぞれゲーム、音楽、スポーツなどたくさんの好きなことを楽しそうに教えてくれました。やっぱりクラークにはグラフィックコースがあるので、絵を描くことやイラストが好きな生徒が多くて、今度みんなの絵を見てみたいと思いました。
 先生の中では生徒と歳が近いといっても、私が知らない流行りのゲームとかユーチューブとかがたくさん話に出て来て……焦りました(笑)。みんなからたくさん学びたいです。でもやっぱり、高校生のフレッシュな姿を見て私も元気が出ました。

―― 生徒たちへのメッセージ
 高校生のこの時期は、私もそうでしたが、今までやったことがないことにチャレンジしたり、将来のこと、友達とのこと、自分自身のことなど色々なことで悩んで、そんな中で成長していく時期なのではないかと思います。そんな時、一人で抱え込むよりも、話すことで気持ちが楽になったりモヤモヤした考えが整理されたりすることもあります。私はクラーク生の皆さんと一緒に、真剣に考えて悩んでいきたいと思っています。気軽に相談に来てくださいね。