クラークNEWS

おしらせ
新任の先生紹介②~日本語の魅力

2017年11月08日

 幸野典子先生は10月からクラークで現代文を担当しています。今年の3月まで秋田市内の学校で教鞭を執り、活躍していた先生です。大学では口承文芸を専攻しており、地方の昔話や伝説などの研究をされていたそうです。

 日本語の素敵なところを伝えていきたいという想いで、国語の面白さを感じられる授業をしてくださいます。典子先生の笑顔が溢れるアットホームな雰囲気の中でたくさん発言し、考え、読解力や表現力を一緒に伸ばしていきましょう。
IMG_3687
↑クラーク生と共に考える授業を