クラークNEWS

学習
環境教育~発電施設を巡って

2018年07月06日

 7月4日(水)に総合学習の一環で1年生18名が秋田市内の発電施設を見学しました。
 見学場所はメガソーラー発電所、風力発電所、バイオマス発電所の3か所です。地球温暖化が深刻な社会問題として挙げられる今日、秋田県が導入している再生可能エネルギーを利用した発電は世界から注目を浴びています。 地球環境会議主催のもとに行なわれた「あきた次世代エネルギーパーク見学」は、生徒が普段の電力の供給元を知り、普段の電気の使い方について考え直す学びのきっかけとなりました。秋田クラークでは環境教育をこれからも継続していきます。
IMG_1590
↑耳を傾けて真剣に話を聞いています。
IMG_1559
↑2班に分かれて午前と午後で施設見学しました。