クラークNEWS

学習
美術館で布について学ぶ

2021年05月24日

 5月20日(木)、2年生の総合学習コースと保育コースの生徒が、アトリオンの中にある秋田市立千秋美術館へ行きました。千秋美術館では、企画展として「更紗(生命の花咲く布)」を開催しています。インドで生産された独特な雰囲気の布を数多く展示しており、その歴史や背景の説明を真剣に読んでいる生徒の姿がありました。行事が少ない中、少人数ですが校外で学習できた生徒たちは、とても素敵な笑顔でアンケートを記入していました。
 ファッションデザインを履修している保育コースの生徒にとっては、このような珍しい布を見学できたことは貴重な体験だったようです。

bijyutukan

↑見学後の生徒たち