クラークNEWS

生活
PT~信頼関係を築く

2020年06月08日

 秋田クラーク高等学院は、生徒が自分で担任の先生を選ぶことができるパーソナルティーチャー(PT)制度が特徴の一つです。担任との面談をするPTタイムを設け、学習、学校生活、進路についての不安や悩みなどを聞いたり、相談に乗ったりする時間としています。日々の授業や活動の時間も大切な時間ですが、PTタイムは担任との信頼関係を築く重要な時間となっています。困ったことや小さな悩み、ちょっとした不安など、PTタイム以外でも話を聞きますので、気兼ねなく相談してください。

IMG_0566

↑データを使って進路の相談に乗る様子
IMG_0561

↑ゆっくりと話を聞いている様子