クラークNEWS

研修
学び続ける姿勢を

2019年03月29日

 春期休業中を利用して、職員研修を行いました。午前はクラークの理事であり、市内の小・中学校で教鞭をとってきた下村先生より講話をしていただきました。午後は生徒対応・心のケアについて演習や事例検討を行いました。

 クラークの職員は、一人ひとりがカウンセリングマインドを持ち、生徒の心に寄り添った指導を心がけています。十人いれば十通りの生徒対応の仕方があります。常に学び続ける姿勢を持ち、生徒を一番に考える教育集団であるために研修を続けたいと思います。

IMG_1146

↑教員の原点を再確認

IMG_1174

↑ペアで教員同士演習を実施