クラークNEWS

行事
歌と手紙の卒業式~想いを込めて

2019年03月06日

 昨日は秋田クラーク高等学院18期生44名の卒業式が行われました。「歌と手紙の卒業式」というテーマで卒業生、保護者、教員、在校生が歌と手紙でそれぞれの想いを伝え合いました。卒業生から保護者へ、そして保護者から卒業生へ手紙の交換が行われました。
 少し照れ臭そうに渡す人、笑顔の人、涙を零す人。なかなか素直に想いを伝え合うことが少ない年頃であるからこそ、生徒も保護者の方たちも大切に手紙を受け取っていました。18期卒業生の人柄を象徴するような愛と感謝にあふれた、温かい卒業式になりました。

集合
↑「卒業」という新たなスタート
歌
↑卒業生の気持ちが一つになった美しい歌声
手紙
↑支えてくれた保護者に感謝の気持ちを込めて